房総地区 113系(平成21〜22年)

近郊型113系、JR東日本では東海道線や横須賀線を中心に活躍しておりましたが、E231系やE217系にバトンを渡し、 最後は房総地区に集結し最後の活躍をしておりました。しかし、房総地区にも京浜東北線で活躍していた209系が、近郊形に改造され 転入が始まり、平成23年8月をもって運用離脱することになりました。

113系4連 総武線銚子駅にて 平成22年1月3日

こちらは113系10連 内房線木更津駅にて 平成21年7月4日

試運転列車 内房線木更津駅にて 平成21年1月29日

内房線 袖ヶ浦−巖根 平成21年2月7日

内房線 袖ヶ浦−巖根 平成21年3月22日

内房線 袖ヶ浦−巖根 平成21年2月15日

内房線 上総港−竹岡 平成21年3月22日

外房線  平成22年9月26日

内房線 千葉−本千葉 平成21年1月29日


千葉駅には房総各方面に向かう113系が集まります 平成21年1月29日

バトンタッチする209系との並び 平成21年1月29日


東の終着駅 総武線銚子駅にて 平成22年1月3日



     【JR/国鉄線】トップへ戻る