筑豊本線 直方駅(平成22年)

筑豊炭田の石炭輸送拠点であった直方駅は、貨物輸送で活気のある駅でした。しかし、エネルギー革命による出炭量の減少と貨物輸送形態 の変化により、昭和59年2月1日で、貨物取り扱いが廃止となり、かつての面影がなくなりました。直方市は、直鞍地区の中心都市であると 同時に、北九州都市圏に属しており、北九州市へ通勤・通学する人々も多く、平成13年には電化が完成して電車が発着するようになりました。 現在は、筑豊本線と平成筑豊鉄道伊田線(旧国鉄伊田線)が発着する旅客駅となっております。また、平成23年には駅舎も新しくなりました。 なお、旧直方機関区は、直方運輸センターに変貌し、電車と気動車の基地となっております。
平成22年4月28日に直方駅を利用しました。この日は、昼間は良い天気でしたが、午後から天気が急変し、豪雨の中での撮影となりました。

直方駅で発車を待つ門司港行817系電車

こちらは813系電車

415系電車も健在でした

817系電車のサイドビュー

旧直方機関区、電車や気動車の基地に変貌しました

訪問時の直方駅、現在は新駅舎となっております

直方駅構内 左:飯塚方面 右:折尾方面


昭和47年に撮影した直方機関区は直方機関区に 展示されております


     【JR/国鉄線】トップへ戻る