EF15スイッチバックの旅

EF15といえば旧型貨物用機関車の代名詞、地味な存在でした。 そのEF15が12系客車を引いて中央東線を快走したことがありました。 昭和58年6月26日スイッチバックの旅号として中央東線を快走しました。中央東線は 勾配がきつく早くから電化されておりましたが、スイッチバックが多かったことで 知られております。運転当時は初狩駅のみしか残っておりませんでした。
この企画列車はすこぶる人気がありその年の11月23日には重連で、さらに3重連での運転 が行われました。重連や3重連は出動できなかったので地味ながら単機での運転の記録です。

  ◆初狩駅のスイッチバックを行く


初狩駅展望



甲府盆地を快走 塩山−勝沼

猿橋の鉄橋、大分暗くなりました 猿橋−鳥沢

折り返しまでの時間客車は日野春駅で休憩です。 ここも かつてはスイッチバック駅でした



     【JR/国鉄線】トップへ戻る