中央東線80年代 山梨県で撮影

1980年代に山梨県内で撮影した中央東線です。特急あずさ号、普通列車は115系が主力として活躍していた時代です。

   ◆ 特急あずさ号

下り特急あずさ号 9両の堂々たる編成です 鳥沢−猿橋 昭和62年4月19日

上記2枚をモノクロで撮影 鳥沢−猿橋 昭和62年4月19日

初狩駅を通過した上り特急あずさ号 昭和58年6月26日

甲府盆地を快走する特急あずさ号 塩山−勝沼 昭和58年6月26日


   ◆ 普通列車の主力 115系

115系6連 鳥沢−猿橋 昭和62年4月19日

115系8連 猿橋−鳥沢 昭和58年6月26日

初狩駅に進入する甲府行普通列車 昭和58年6月26日

富士急行線乗り入れのホリデー快速ピクニック号 鳥沢−猿橋 昭和62年4月19日


初狩駅のスイッチバック線に進入した貨物列車 昭和58年6月26日

EF64重連貨物 初狩駅を通過 昭和58年6月26日

165系改造のジョイフルトレイン パノラマエクスプレスアルプス
鳥沢−猿橋 昭和62年4月19日



     【JR/国鉄線】トップへ戻る