函館本線 函館駅 昭和の時代

函館駅を初めて利用したのは昭和50年3月、蒸気機関車の撮影で青函連絡船から下船したのが最初でした。夜行列車に乗り換えるため、 重い荷物をかついで駅構内を走っただけでした。航空路の発達と青函トンネルが開通するまで、函館駅は北海道の玄関口として、数々のドラマが 生まれ、また旅情漂う聖地でした。
昭和の良き時代の函館駅、当時はそういう意識がなく記録に残していなかったことが残念です。

札幌行き急行すずらん5号、DD51牽引で最後尾にはオハネフ12が連結されております 昭和55年1月8日

こちらは函館本線経由の43レ滝川行き 昭和55年1月8日

駅構内には貨物列車が待機しております 昭和55年1月8日

時代は進みキハ183系となった特急北斗 昭和63年5月2日



     【JR/国鉄線】トップへ戻る