函館本線 函館口(平成26年春)

ブルートレインが次々と姿を消していく中、寝台特急最後の砦となったのが函館本線です。函館本線を走る寝台特急や優等列車は、 北海道新幹線の開業で、大気な変化が伝えられております。変化が始まる前の平成26年ゴールデンウィークに訪問しました。寝台特急は、 お気に入りの定番撮影地としましたが、工事用のブルーシートが貼られており、また、撮影日は前日までの雲ひとつない快晴から、曇天 となってしまい、今一消化不良となってしまいました。

   ◆ 寝台特急列車

8009レ カシオペア 石倉−落部 平成26年4月30日

8001レ トワイライト 石倉−落部 平成26年4月30日

1レ 北斗星 石倉−落部 平成26年4月30日

8002レ トワイライト 大沼−仁山 平成26年4月30日


   ◆ 特急列車
       車両点検の影響で、本数が削減されており、また、編成両数も短くなっておりました。

5001D スーパー北斗1号 石倉−落部 平成26年4月30日

8084D 北斗84号 姫川駅通過 平成26年4月29日

8089D 北斗89号 大沼公園駅 平成26年4月29日


   ◆ 貨物列車
       ゴールデンウィーク期間中であったためか、1日数本の運行でした。

3059レ 姫川駅通過 平成26年4月29日

3080レ 仁山−渡島大野 平成24年4月29日

3059レ 大沼公園−赤井川 平成24年4月30日


   ◆ 普通列車
       キハ40の単行運転です。ローカルムードが漂いますが、客車列車健在時の郵便車や荷物車を従えた堂々たる編成を想い出すと、 寂しい限りです。

2840D 仁山−渡島大野(後追い) 平成24年4月29日

3820D 快速 アイリス 仁山−渡島大野 平成24年4月29日

左:2840D 右:2841D 石倉−落部 平成26年4月30日



     【JR/国鉄線】トップへ戻る