阪和線(昭和51年)

阪和線旧型国電と言えば旧阪和型モハ20系を思い浮かべる方もいらっしゃると思いますが、ここで紹介するのは昭和51年当時の 旧型国電です。当時は各駅停車の他、区間快速・快速及び特急「くろしお」に代表される優等列車、そして貨物列車まで 珍しい車型が見ることができた楽しい線区でした。旧型国電はクモハ61に代表される20m級3扉車、そして70系、73系がいました。 103系、113系も見られました。新性能化は意外と早く昭和52年に完了しました。

   ◆ 旧型国電20m級3扉車

塗色は鉄褐色と呼ばれた阪和線オリジナル色 昭和51年8月25日 南田辺−鶴ヶ丘

昭和51年8月24日 鳳駅


   ◆ 73系

73系も鉄褐色 昭和51年8月24日 南田辺−鶴ヶ丘


   ◆ 70系

70系は主に区間快速に使われていました
左:昭和51年8月24日 杉本町−浅香 右:昭和51年8月25日 南田辺−鶴ヶ丘

制御車にクハ55が混結された編成もありました
昭和51年8月25日 南田辺−鶴ヶ丘>


   ◆ 113系

113系は快速に使用されておりました
左:昭和51年8月25日 南田辺−鶴ヶ丘 右:昭和51年8月24日 杉本町−浅香


   ◆ 紀勢本線直通優等列車

特急くろしお、はつかりで使用されていたキハ81、はつかり電車化後はいなほで活躍してました
昭和51年8月25日 南田辺−鶴ヶ丘

くろしおの主力キハ82系 昭和51年8月25日 南田辺−鶴ヶ丘

キハ58系急行しらはま 昭和51年8月25日 南田辺−鶴ヶ丘


   ◆ 貨物列車

貨物列車は少数派のED60、ED61が活躍していました
昭和51年8月24日 杉本町−浅香

EF58が重連の貨物列車もありました 昭和51年8月24日 杉本町−浅香



     【JR/国鉄線】トップへ戻る