広島駅スナップ(平成17年)

中国地方最大の都市広島。その玄関口広島駅には近郊からの通勤列車の発着する顔と中国山地の都市とを結んでいる芸備線のディーゼルカーも発着しております。 山陽新幹線も東京行のぞみ号の始発駅ともなっており、文字通り中国地方最大のターミナルです。この広島も昭和40年代前半は、呉線からC59、C62が乗り入れており、 昭和50年代前半までは80系、70系等旧型電車の宝庫であったことは鉄道ファンにとって魅力の街です。
広島での写真撮影は昭和59年の可部線を最後に遠ざかっておりました。平成17年11月6日、夕闇迫る広島駅での23年ぶりの撮影です。

山陽本線普通列車に活躍する115系、上は117系の車体に準じた3000番代車

呉線の103系

可部線の105系

105系と103系、103系はこの色もあります

大動脈山陽本線、貨物列車の数も半端ではありません

芸備線急行「みよし6号」JR最後の急行として平成19年6月30日まで 運行されました




     【東海道本線・横須賀線・山陽本線総合インデックス】      【JR/国鉄線】トップへ戻る