飯田線

クモハ52 流電

クモハ52、型式名からだとクモハ42の出力アップ型ですが流線型の車体をした人気の電車で した。誕生は昭和11年、京阪神地区での急行運転用として当時の流行であった流線形のデザインで登場。 晩年はここ飯田線豊橋口で活躍しました。昭和51年5月29日の記録です。

   ◆ 船町−下地 豊川橋梁

流電第1編成として登場したクモハ52、側面窓はクモハ42 と同じ600mm、いわゆる狭窓車です

朝夕のラッシュ時は6両編成となるので、 クモハ52も中間に入ります

   ◆ 豊川付近

豊川駅にて

牛久保−豊川

   ◆ 牛久保駅で憩う




     【JR/国鉄線】トップへ戻る