飯田線の119系

旧型国電の宝庫だった飯田線を近代化に一役を買った119系。月日がたつのは早いもので、平成24年3月のダイヤ改正で引退が 決まりました。昭和58年2月から運用に入り、同年7月には飯田線に残っていた旧形国電を一掃してからわずか29年という短命です。

運用に入る前の119系 天竜峡車庫 昭和58年1月15日

伊那大島−上片桐 昭和58年5月28日


国鉄民営分割後は、JR東海色となりました 平成17年5月1日 豊川駅にて



     【JR/国鉄線】トップへ戻る