常磐線 平成14年

柏に移り住んでから毎日の通勤は常磐線を利用しております。
一口に常磐線といっても上野口と仙台口とでは大きく違います。 このページでの紹介は上野口の紹介となります。 常磐線の現況写真(平成14年)を紹介します。







1 常磐緩行線

JRの主力203系
北柏−柏 平成13年1月21日
営団の主力6000系
北柏−柏 平成13年6月30日
JR209系1000番代
金町−亀有 平成13年9月2日

緩行線は御存知のとうり上野駅には乗り入れず、営団地下鉄千代田線に乗り入れている。 この影響か東葛地区の不動産広告を見ていると、柏の紹介は「常磐線」ではなく 「営団地下鉄千代田線」柏駅となっているものが多い。
営団の車両は小田急線唐木田まで乗り入れているが、JRの車両は代々木上原止まりである。 逆に小田急線の車両は綾瀬止まりのためこの区間では見ることができない。

JR207系900番代
北柏−柏 平成13年1月14日
営団06系
松戸−北松戸 平成9年9月20日

この2車型はそれぞれ一編成だけの少数派。特に207系はJR東日本では900番代の この一編成だけしかない。

2 常磐快速

15両編成の103系が走るのはここ常磐線だけ。車両もバラエティーに富んでおり 1000番代が活躍するのもここ常磐線だけである。その103系も老朽化が進み E231系にとって代わろうとしている。

103系低運転台車
柏−我孫子 平成13年6月30日
103系高運転台車
柏−我孫子 平成13年6月30日
103系1000番代車
松戸−柏 平成9年10月19日

3 常磐線普通電車

上野口は交直流電車の415系が主力、上野−土浦間限定運用のE501系も活躍する。
415系は基本7両編成と付属4両編成とからなり、15両・11両編成で運用されている。 ロングシート車とセミクロスシート車がある。基本7両はロングシート車が基本だが、中間部には 700番代のセミクロスシート車が組み込まれている編成が多い。 一方E501系は10両+5両の6M9Tで運用されている。トイレなしのロングシート車。 乗ってみれば209系と変わらないが、発進時のモーター音が魅力的である。

415系
我孫子−柏 平成13年6月30日
415系1500番代車
柏−我孫子 平成14年5月25日
E501系
柏−我孫子 平成14年1月6日

水戸以北で見られる453系
長い間急行ときわ号として活躍した453系も現在はローカル列車として活躍。
右写真は水戸発のいわき行き453系普通電車
 平成12年9月6日水戸駅にて

4 常磐線優等列車

651系スーパーひたち
柏−我孫子 平成13年5月15日
E653系フレッシュひたち
我孫子−柏 平成13年5月25日

5 常磐線で見られるその他注目の車両

EF81牽引貨物列車
松戸−柏 平成10年1月18日
青森運転区485系団臨
我孫子−柏 平成14年10月25日
EF81牽引12系団臨
我孫子−柏 平成14年1月6日



     【常磐線総合インデックス】      【JR/国鉄線】トップへ戻る