常磐線 平成21年〜22年

常磐線は、上野から取手までは直流電化線、取手−藤代のデッドセクションを経て、藤代から北は交流電化線となっております。 運転系統もユニークで、各駅停車(以下緩行電車と略)はすべて綾瀬駅から東京メトロ千代田線に乗り入れており、上野駅には発着しません。 したがって、上野駅発着の普通列車は快速電車と呼ばれております。
このような事情から、常磐線は他線と異なる常磐線仕様とも呼べる希少価値の車両が活躍しております。平成19年3月には、 415系鋼製車が引退し話題を呼びましたが、その2年後の平成21年9月には、緩行電車203系と207系の置き換え用として、 E233系2000番代が登場しました。平成22年には、東京メトロ6000系の置き換え用として、16000系が登場しました。 貨物列車の先頭に立っていたEF81も新鋭のEF510に譲り、EF81は工臨等の運用となり第一線から事実上引退しました。 さらに、平成24年からは特急用の651系とE653系に変わる新型のE657系の導入が発表されました。
ここに、平成21年〜22年の常磐線の動きをまとめてみました。

   ◆ 新しい仲間

平成21年9月に登場した緩行電車用E233系2000番代
上:亀有−金町 平成22年2月14日
左下:亀有駅 平成22年2月14日 右下:亀有駅 平成22年11月7日

EF510牽引貨物列車
柏−北柏 平成22年12月4日

新鋭同士の顔合わせ EF510とE233系
我孫子−北柏 平成22年12月4日

平成22年秋には東京メトロにも6000系にかわる16000系が登場しました
新松戸駅 平成22年12月10日


   ◆ 引退した車両

平成21年に引退した207系900番台 1編成のみの小世帯でした
北小金−南柏 平成15年6月8日

引退直前運用に入った207系900番台
我孫子駅にて 平成21年10月14日

常磐貨物に君臨してきたEF81
平成22年12月から後進のEF510にその座を譲り、予備運用車と なりました
我孫子−北柏 平成22年11月23日

常磐貨物EF81は、こちらにも展示されております。  常磐貨物 EF81 ← これをクリックしてください。



   ◆ 緩行電車

203系 数を減らし始めております
亀有−金町 平成22年2月14日

東京メトロ6000系 こちらも数を減らし始めております
亀有−金町 平成22年2月14日

希少車両 東京メトロ06系
柏−北柏 平成22年9月27日

209系1000番台、こちらも小世帯です
北柏−柏 平成17年7月9日


   ◆ 快速電車

取手快速E231系15両編成、圧巻です
南柏−柏 平成16年6月29日

中距離電車の顔となったE531系15両編成
取手−藤代 平成22年12月4日


   ◆ 特急電車

スーパーひたち 651系は引退が予定です
牛久−佐貫 平成22年9月4日

フレッシュひたち E653系も引退予定です
北柏−柏 平成22年9月10日


   ◆ 団臨・その他

風前の灯火となった12系客車列車
北柏−柏 平成21年6月28日

勝田車両センターの波動輸送用485系
北柏−柏 平成21年6月28日



     【常磐線総合インデックス】      【JR/国鉄線】トップへ戻る