103系1000番台 千代田線時代

103系1000番台は常磐線慣行電車が営団地下鉄千代田線(当時)に乗り入れるために 誕生した形式です。地下鉄線内ではA−A基準に適合することが必要で正面貫通扉付の顔 となりました。しかし千代田線の6000系と比べ、見劣りが大きく比較的早い時期に 千代田線から引退し、その後はエメラルドグリーンに塗装され常磐快速用に転用されました。



千代田線代々木上原駅にて 昭和53年9月
代々木上原駅はこちらにも展示されております → 小田急電鉄 昭和50年代

千代田線綾瀬駅にて 昭和53年9月

千代田線綾瀬駅進入 左写真は北千住方面です 当時は連絡口がなくこのような写真が撮れました
昭和53年9月

   ◆地上に出た103系1000番台

我孫子−柏 平成15年5月25日

常磐快速103系はこちら



     【常磐線総合インデックス】      【JR/国鉄線】トップへ戻る