常磐快速103系

「常磐快速」という名称が使われるようになったのは昭和46年に常磐線が複々線化され 同年4月20日から営団地下鉄千代田線との相互乗り入れ(綾瀬-我孫子)が始まった時からでした。 相互乗り入れにより従来の運転方式がゼロベースで見直され、
  従来の各駅停車(いわゆる国電)はすべて千代田線に乗り入れる
ということになりました。その代わりに従来どおり上野に向かう国電は「快速電車」と呼び松戸・柏 等主要駅にのみ停車する新しい種別ができました。これが常磐快速のルーツです。 また千代田線直通電車は「緩行線」とも呼ばれております。
相互乗り入れ当初は松戸・北千住等乗換駅では大変な混雑になりました。相互乗り入れが始まり30年 以上たった現在、この運転方式はあたりまえのようになっておりますが、当時は画期的な出来事でした。



103系10連 平成15年6月8日  松戸−取手(南柏駅より)

元千代田線乗り入れ用103系1000番代も仲間に加わりました
平成13年6月30日 我孫子−柏

常磐快速名物 103系15連 朝夕を中心に見られます。103系15連が 見れるのはここだけです
 上:平成14年5月25日 柏−我孫子  中:平成15年3月21日 柏−松戸(北小金駅より)
 左下:平成10年11月21日 松戸−柏(南柏駅より)右下:平成12年6月13日 柏−我孫子

常磐快速103系同士のすれ違い
平成13年9月2日 松戸−北千住(亀有駅より)

次へ