常磐緩行203系

常磐線複々線化完成後、常磐緩行線は国鉄では103系1000番代で運行されておりました。103系1000番代車は、性能面でも 接客面でも営団6000系と比べると、大きく見劣りしていたのは否めない事実でした。昭和57年、国鉄は常磐緩行線の取手延長時に、 サイリスタチョッパ制御とアルミ合金車体の203系を導入しました。2年後の昭和59年からは、103系1000番代の後継車型 として本格的に導入されました。
本格導入から25年、203系は後継者のE233系に道を譲ろうとしております。

平成19年3月17日 南柏−北小金

平成22年12月29日 我孫子−北柏

左:平成18年9月3日 我孫子−北柏 右:平成19年3月17日 南柏−北小金

平成23年1月30日 南柏−北小金

平成13年10月28日 柏−北柏
この当時は北柏駅から撮影ができました

平成22年12月4日 柏−北柏

平成13年9月2日 亀有駅 103系も懐かしいです

計測試験車 平成19年3月17日 南柏−北小金


次へ