2.08大雪一過の常磐線(平成26年2月9日)

平成26年2月8日、首都圏は、急速に発達した低気圧が通過しその影響で強風を伴った雪が降りました。雪は9日未明まで降り続き、 前日までの寒気が残っていたこともあり、記録的な大雪となりました。東京・大手町の積雪は8日深夜に27センチとなり、これは、 昭和44年3月の30センチに迫る戦後4番目の記録とのことでした。柏市も記録は確認しておりませんが、30センチ以上の積雪と 思われます。大雪になると、首都圏の鉄道は大混乱。常磐線も、快速電車は運転見合わせ、各駅停車も止まったり再開したりの繰り返しで、 9日未明まで大混雑が続いたようでした。
翌9日は、各駅停車は時刻通りの運行でしたが、快速電車は大幅な遅れで運行されました。特急はほとんど運転されておらず、運転された フレッッシュひたち号は、通路まで立客で大混雑となりました。30年に一度とも言われた今回の首都圏大雪、記録に残したく近場で撮影を しました。

快速線北柏駅に行ってみると、なんと昨日の2094レが停車しておりました

牽引機はEH500−41でした

駅周辺は一面の銀世界、子供たちはかまくらを作って遊んでしました

金太郎の横を電車が駆け抜けていきます

大雪一過の青空の中、快速線北柏駅を走るE231系

雪が降れば、普段撮影しない場所でも撮影
柏−我孫子(北柏駅から後追い撮影)

柏駅に到着する各駅停車 南柏−柏(柏駅から撮影)

柏駅を発車した各駅停車06系特別快速 柏−南柏(柏駅から撮影)

柏駅を発車したE531系特別快速、本日は快速運転でした(柏駅から後追い撮影)


次へ