急行ときわ号

ときわ号のあゆみ

急行ときわ号の前身は、昭和30年10月に上野−水戸駅間を運行する快速列車、「ときわ」と「つくばね」に遡ります。この列車が 昭和33年6月に準急に格上げして、ときわの名称に統一され、上野−平(現在のいわき)間の運行となりました。また、準急化とほぼ同時期に、 上野から水郡線に直通運転される準急「奥久慈」も設定され、上野−水戸間はときわ号との併結で運転されました。
昭和37年10月1日に勝田−高萩間の電化に伴い、上野−日立間に451系電車が運転開始となりました。当時の編成は、一等車2両と ビュッフェを連結した豪華編成でした。さらに、昭和38年5月の高萩−平間の電化完成から、上野−平間のときわ号は順次451系化 されました。そして、昭和41年3月5日の改正で、準急ときわは急行に格上げされました。
電車と気動車が混在する急行ときわ号は、常磐線を代表する優等列車となりましたが、特急ひたち号の増発により急行ときわ号は衰退の一途を たどり、昭和60年3月14日のダイヤ改正で急行ときわ号は消滅しました。
準急時代のときわ号は、キハ55が活躍していたことを覚えておりますが、残念ながら撮影できる年齢ではありませんでした。急行に格上げ されてから撮影したものを集めてみました。急行ときわ号は、常磐線の他コンテンツにも展示しておりますので、併せてご覧ください。

高萩駅到着 昭和44年1月5日

水戸駅 平−上野、及び一等車の表示が懐かしいです 昭和43年8月

水戸−赤塚 昭和45年8月

赤塚−水戸 昭和44年8月9日

取手−我孫子(現在の松戸車両センター我孫子派出所) 昭和44年1月5日

昭和47年3月15日のダイヤ改正でグリーン車が分散連結に変更となりました。
土浦−荒川沖 昭和48年5月13日

上野駅到着 昭和48年5月13日

奥久慈を併結した気動車によるときわ号 赤塚−水戸 昭和59年8月26日

赤塚−水戸 昭和57年8月15日

ときわ号消滅後も水郡線直通の奥久慈号が運転されました
奥久慈81号 赤塚−水戸 昭和61年12月29日



     【常磐線総合インデックス】      【JR/国鉄線】トップへ戻る