常磐線401・403・415系赤電時代

交直両用電車電車401系は昭和35年に先行試作車として誕生しました。翌昭和36年の 常磐線勝田電化より活躍が始まりました。401系は国鉄初の交直両用電車てして 知られていますが、セミクロス近郊型電車の草分け車であったことも見逃せません。 このシート配列はその後登場した111系にも引き継がれ、長い間国鉄近郊型電車の標準仕様 となりました。
塗色は赤13号と呼ばれる赤い電車から「赤電」と呼ばれておりました。クハ+モハ+モハ +クハの4両固定編成が基本で、上野口には8両、12両編成で運用についておりました。 赤電の勇姿は誕生から25年目の昭和60年、つくば万博対応での塗色変更により終止符が 打たれました。

      12両編成の401系 昭和44年1月5日 我孫子−取手
この付近は現在松戸車両センター我孫子派出所となっており景色は大きく変わっています

昭和44年8月8日 水戸駅
読みにくいですが、行き先表示の「平行」が懐かしいです

退色・カビがひどいですが赤電のカラー二点
左:昭和45年8月 赤塚−水戸  右:昭和45年8月 土浦駅?

401系の基本は4両編成でした 昭和48年5月13日 荒川沖ー土浦

丸型ベンチレターが古さを誘う 昭和55年7月28日 石岡駅

低窓車 昭和56年4月12日 土浦駅

この頃から冷房化改造が始まりました 昭和56年8月8日 水戸ー赤塚

赤電時代末期、特急ひたちとの出会い 昭和59年8月26日 水戸ー赤塚



     【常磐線総合インデックス】      【JR/国鉄線】トップへ戻る