常磐緩行線 E233系登場

平成21年9月9日から、常磐緩行線203系と207系の後継車型としてE233系が運用につきました。先に投入された E233系としては初のストレート車体、正面貫通扉付きで、中央線と京浜東北線のE233系とは外観が大きく異なりますが、 屋根と前面との曲面成形等にE233系の特徴が引き継がれております。常磐緩行線のE233系は2000番代となっております。

平成21年9月9日 柏駅



     【常磐線総合インデックス】      【JR/国鉄線】トップへ戻る