国鉄色となって帰ってきたE653系

常磐線特急フレッシュひたち号で活躍したE653系、平成25年3月16日 のダイヤ改正でE657系にバトンタッチしましたが、 平成31年春期から常磐線内の臨時列車用として7両編成1本が帰ってきました。帰ってきたE653系は、なんと国鉄特急色でした。 国鉄色のE653系は、平成31年2月2日に臨時快速 E653系おかえり号(常磐線 水戸−いわき間往復)でお披露目デビューしました。 そして、春の臨時列車から本格的に運転が始まりました。

   ◆ 9431M 快速 燭台切光忠号
      春の臨時列車第一弾として上野−水戸間を団体専用列車として走りました。 燭台切光忠号とは聞きなれない愛称名ですが、これはJR東日本水戸支社が開催した「花丸遊印録」スタンプラリーを記念したものです。
      快速 燭台切光忠号は、平成31年2月16日(土)、17日(日)、23日(土)に運転されました。
      国鉄色のE653系は、快速 燭台切光忠号が初撮りとなりました。

上野−日暮里(鴬谷駅から撮影) 平成31年2月16日

柏−北柏(右は後追い撮影) 平成31年2月17日

佐貫−牛久 平成31年2月17日


   ◆ 快速 水戸梅まつりり号
      毎年恒例の快速 水戸梅まつり号は、E653系第二弾として、平成31年3月9日(土)と10日(日)に大宮−勝田間(武蔵野線経由)を走りました。

9423M 取手−藤代 平成31年3月10日

9423M 取手−藤代 平成31年3月9日

9423M 梅を入れて撮影 藤代−取手(後追い撮影) 平成31年3月10日

9424M 石岡−高浜 平成31年3月10日



     【常磐線総合インデックス】      【JR/国鉄線】トップへ戻る