上越線の107系

国鉄が無煙化された昭和50年度、上越線高崎−水上間の普通列車は、上野から直通する115系がありましたが、 高崎発着の普通列車は新潟色の70系等の旧型車が活躍しておりました。 この地区の新性能化は、まず、昭和50年3月に新前橋区の73系が115系化されました。国鉄無煙化後は旧型車の淘汰が本格化し、 新潟色の70系は昭和53年8月に115系化されました。新性能化後、115系の両数不足等により一部列車には165系が使用されておりました。 165系は2扉クロスシート車であるため通勤時には混雑による遅延等の問題がありました。この165系を置き換えるため、 昭和63年から2扉ロングシート車107系の投入が始まりました。107系の車体は新造ですが、 主電動機や台車、ブレーキ制御装置等の主要機器は廃車となった165系の部品を使用していることから、老朽化が進んでいました。 そのため、E233系の新造により余剰となった211系を寒冷地仕様に改造し、平成28年8月22日から211系による置き換えが始まりました。 この置き換えにより、107系は平成29年3月4日のダイヤ改正で新前橋−水上間から引退しました。その後も両毛線直通列車として、 高崎−新前橋間で運用されていましたが、平成29年9月をもって定期運用を終了する予定です。

信越本線線直通横川行き 高崎駅 左:平成16年10月7日 右:平成16年10月8日

107系の横顔、115系も見えます 高崎駅 平成16年10月7日

両毛線直通伊勢崎行き 井野駅 平成23年6月26日

群馬総社−八木原 平成26年7月6日

渋川駅 平成16年10月8日

敷島−渋川 平成28年11月28日

渋川−敷島 平成28年8月6日

津久田−岩本 平成3年5月5日

津久田−岩本 SLみなかみ号とすれ違います 平成3年5月5日

上牧−後閑 平成23年6月19日

上牧−後閑 平成27年10月17日

後閑−上牧(後追い) 平成20年11月12日

後閑−上牧(後追い) 平成22年5月4日

水上−上牧 平成26年10月4日

雪の水上駅発車 平成26年1月11日



     【JR/国鉄線】トップへ戻る