国鉄時代のEF55奥利根号

EF55は昭和11年に特急列車牽引用に3両落成しました。当時の流線形ブームに乗ったその形状は斬新でしたが、 蒸気機関車のように転車台での方向転換が必要なこともあって、昭和39年には全車廃車となりました。
その後幸運にも保管されていたEF551は、国鉄分割民営化前の昭和60年に高崎第一機関区での展示会で脚光を浴びると、 翌昭和61年6月には動態復元され車籍が復活しました。これは今までの国鉄では考えられない奇跡とでも言えるとビッグニュースでした。
国鉄分割民営化後は「ムーミン」の愛称でJR東日本高崎高崎運転所に配置され、上越線の高崎−水上間の「EF55奥利根号」を中心とした イベント列車の先頭に立ち活躍しました。しかし故障と老朽化が目立ち平成21年1月の運転をもって静態保存となる予定です。
復活直後の昭和61年8月3日に運転された「EF55奥利根号」です。威風堂々旧型客車7両を牽引しました。

  

◆ 下り 津久田−岩本




   ◆ 上り 岩本−津久田






     【JR/国鉄線】トップへ戻る