新潟色の70系

昭和53年に115系化されるまで、上越線のローカル列車は長岡運転所の70系が活躍してました。塗色は現在の新潟色とは大きく異なり 赤と黄のツートンカラーで「金太郎色」と呼ばれておりました。4両または6両を基本編成としラッシュ時は8両編成も見られました。

70系はこんな色をしておりました 昭和52年8月1日 新津駅

70系の短編成化により制御車が不足し、クハ68やサロ85改造のクハ85も活躍してました
中間車にはサロ格下げの2扉車サハ85等をも見られました
上:昭和52年8月1日 新津駅 中:昭和51年8月9日 長岡駅 下:昭和51年8月9日 長岡駅

新幹線工事真最中だった早朝の長岡駅
左2枚:昭和51年8月9日 右:昭和52年8月1日

クハ76 左のクハ76は正面Hゴム未改造の原型車です
左:昭和51年8月9日 長岡駅  右:昭和52年8月1日 新津駅



     【JR/国鉄線】トップへ戻る