73系が走っていた可部線

可部線は戦前、広島市郊外の横川を起点としていた広浜鉄道を昭和11年に国鉄が買い上げたいわゆる社線です。国有化後長い間、 旧広浜鉄道の社型や17m級国電が活躍しておりましたが、昭和51年から73系が入線しました。広島管内の73系は昭和45年の 呉線電化で登場したもので、加部線転入後も呉線時代のウグイス色のまま使用されました。
新性能化が進むなか、加部線の73系は比較的遅くまで活躍しておりましたが、昭和59年10月に105系が導入され引退となりました。

古市橋駅 昭和56年5月1日

上八木−中島 昭和56年5月1日

DE10の貨物列車もありました 上八木−中島 昭和56年5月1日
中島−上八木 昭和56年5月1日

可部駅 昭和56年5月1日



     【JR/国鉄線】トップへ戻る