関西本線 名古屋−四日市 DD51貨物列車

DD51形は、国鉄の幹線を無煙化するため昭和37年から53年にかけて製造されたディーゼル機関車です。国鉄民営化後も、非電化区間の旅客列車や貨物列車の牽引に活躍し、 最後のブルートレインとなった北斗星、プレミアム寝台列車カシオペア号の北海道内牽引機であったことは記憶に新しいところだと思います。 DD51形は、速度面ではC61形を、牽引力ではD51形を上回る性能であるため重宝されておりましたが、時代の流れや老朽化により活躍の場が狭まり、 石北本線の貨物列車は平成25年度を最後に、また室蘭本線の石油輸送最終列車は平成26年5月で運用が終了し、関西本線の名古屋−四日市間の貨物列車が唯一の定期列車となっております。
管理人も含め現役蒸気を知る世代にとって、DD51やDE10は蒸気の敵と悪者にされ、「赤ブタ」「デラックスデコイチ」等のありがたくない呼称がつけられました。 まして、蒸気牽引列車の代走でDD51が来た暁は大ブーイングになったことを思い出します。むろん、フィルムの無駄だとシャッターを切ることはありませんでした。 しかし、時代が平成となると新型車が相次ぎ投入されDD51の淘汰が始まると、DD51のディーゼル音は昭和の郷愁が漂い平成の時代では懐かしい昭和の機関車と位置づけられ、 若い世代はもちろん、蒸気の敵と揶揄した昔からのファンにも人気の車両となりました。無論、管理人もDD51には、今となれば、人一倍の愛着を持っております。
さて、関西本線の貨物列車ですが、コンテナ列車の他、四日市から長野方面への石油輸送列車及び三岐鉄道東藤原駅にあるセメント工場と四日市港間のセメント列車があり、バラエティーに富んでおります。 このうち、セメント列車は富田−四日市間のピストン輸送であり、本数もかなりあります。 しかし、DD51が所属する愛知機関区には、平成28年度からDF200形が配置され、平成29年の3月4日のダイヤ改正から、関西本線における運用が始まりました。 当初はDD51の代走でしたが、平成30年2月1日から運用が始まりました。そして、平成30年3月17日のダイヤ改正から、DD51の重連運用はDF200に置き換えられました。 ただし、DF200の台数が足りないのか?、4月現在、DD51重連が代走しておりますが、これも時間の問題ではないかと思われます。

    1 名古屋−四日市

8079レ 永和−弥富 平成30年4月13日

2080レ 弥富−永和 平成30年4月13日

5282レ 弥富−永和 平成30年4月13日

8075レ 長島−桑名 平成29年4月21日

6369レ 富田−富田浜 平成28年4月23日

8072レ 富田浜駅 平成29年4月21日

8072レの5分後に、セメント列車5366レが通過 富田浜駅 平成29年4月21日

5367レ 富田浜−四日市 平成29年4月21日


   ◆ 四日市駅構内

富田浜側の踏み切りから四日市駅構内をみます 平成29年4月21日

右側に停車していた5364レが出発 平成29年4月21日

重連の8380レが出発 平成29年4月21日


次へ