さよなら京浜東北・根岸線209系

103系の代替え車として登場した209系、平成5年のデビューでした。省エネ電車・10年を目安にで代替えをを キャッチフレーズに総武中央う緩行線等に大量に導入されました。
京浜東北・根岸線の209系は、6扉車の導入や固定窓の開閉化工事等の変遷がありましたが、後継のE233系に 道を譲り、2010年1月24日の運行で離脱しました。

上野駅にて 上:平成21年3月1日 下:平成15年12月27日

御徒町−上野 平成15年12月27日

神田−東京 平成19年6月10日

田町−品川 平成21年10月10日

桜木町駅を発車 平成19年12月15日

一足先に姿を消した209系500番代 神田駅にて
 平成19年6月10日

   ◆ 最終運転

最後まで残った52編成には、1月17日(日)から24日(日)まで特製ヘッドマークが取り付けられました。 1月24日、昼時を走った快速大船行に浜松町から大森まで乗車しました。

特製ヘッドマーク 大森駅にて

浜松町駅進入

左:品川駅 右:大森駅

車内は大混雑でした

大森駅を後に、一路大船へ さよなら京浜東北・根岸線209系



     【JR/国鉄線】トップへ戻る