身延線初訪問(昭和52年5月)

身延線は 静岡県富士市の富士駅と山梨県甲府市の甲府駅を結ぶ東海旅客鉄道の鉄道路線であす。管理人が鉄道に興味を持った頃、身延線の貨物列車は イギリスから輸入したED17が牽引していました。ぜひ足を運びたいと子供ながらに夢を抱いておりましたが、初訪問はポストSL後の昭和52年でした。 貨物機はEF10が牽引しており、旧型国電の宝庫でした。東海道線富士駅から入り、波高島のユースホステルに一泊。翌日、甲府に出ました。
初訪問から40年を経過し沿線風景が大きく変わり、現在では撮影できなくなっているものと思われます。

源道寺−富士宮 昭和52年5月29日

EF10-9が単機でやってきました 源道寺−富士宮 昭和52年5月29日

旧型国電が6連でやってきました 源道寺−富士宮 昭和52年5月29日

富士宮−源道寺 昭和52年5月29日

富士宮駅に停車中の貨物列車 EF10-39 昭和52年5月29日

EF10-9が単機で通過 塩之沢−波高島 昭和52年5月29日

身延駅に停車中のEF10-8牽引貨物列車 昭和52年5月30日

EF10-13とクハ47の並び 身延駅 昭和52年5月30日

EF10-13牽引貨物列車が出発しました 身延−甲斐大島 昭和52年5月30日

身延駅で撮影したEF10-8牽引貨物列車 身延−塩之沢 昭和52年5月30日

EF10-29牽引貨物列車 塩之沢−身延 昭和52年5月30日

73系を115系の車体に更新した62系電車 身延−塩之沢 昭和52年5月30日

南甲府駅に停車中のEF10-28牽引貨物列車 昭和52年5月30日

EF10-8が戻ってきました 昭和52年5月30日

EF10-28牽引貨物列車が出発 昭和52年5月30日

南甲府駅構内 昭和52年5月30日



     【JR/国鉄線】トップへ戻る