室蘭本線 苫小牧駅(平成16年1月)

太平洋に面した北海道中南部の苫小牧駅は、日高本線と千歳線の列車が乗り入れております。札幌と道南及び本州とを結ぶ優等列車は、 すべて苫小牧駅を経由して運転されておりますが、苫小牧−札幌間は隣の沼ノ端駅から千歳線経由となります。千歳線は電化されており、 室蘭本線も室蘭及び東室蘭までが電化されておりますが、逆に、石見沢方面は非電化のローカル線となっております。苫小牧−室蘭及び東室蘭間 の普通列車は、かつて711系が運行しておりましたが、現在は気動車での運行となっております。
苫小牧は、昭和50年12月14日に国鉄最後の蒸機牽引旅客列車が走った区間で、また、管理人が最後の国鉄現役蒸気を見た駅です。 あれから約30年後の平成16年1月12日に立ち寄った時に撮影しました。

側線で休む千歳線の711系

苫小牧は製紙工業の街、工場をバックに東室蘭からの普通列車が到着

室蘭本線の普通列車 キハ40


     【JR/国鉄線】トップへ戻る