南武線を走った73系と101系

南武線は長い間17m級の車両が活躍しており、73系が投入されたのは比較的新しく昭和38年からです。中央線や山手線、京浜東北線等の 新性能化が進む中、南武線は73王国とも揶揄されましたが、昭和44年から、103系の導入で余剰となった101系の導入始まりました。 101系は中央線や総武線等からの転属車で、そのままの塗色で運行されていましたが、その後カンリヤ色に統一されました。
73系は昭和53年7月に101系化され引退しました。その101系も103系や205系に置き換えられ、平成3年1月に引退しました。

   ◆ 73系

西国立駅 昭和46年1月

前面のサボが独特で印象的でした 尻手駅 昭和53年1月3日

昭和53年の正月は首都圏に雪が降りました 尻手駅 昭和53年1月3日


   ◆ 101系

カナリア色の101系 尻手駅 昭和53年1月3日

前面に雨どいがある900番代車 尻手駅 昭和53年1月3日



     【JR/国鉄線】トップへ戻る