平成15年成田臨(我孫子口) 165系・167系最後の年

年頭の風物詩である成田臨。 成田線の我孫子口には昭和60年代から訪問が始まりましたが、平成になると成田詣は中断してしまいました。 中断時期は、客車列車の衰退と共に急行型165系・167系が中心となりましたが、その165系・167系も平成15年が見納めとの情報を得ました。
最後の165系・167系を撮影したく、平成15年1月11日(土)に、11年ぶりに成田詣をしました。 撮影地は木下−小林間の第一木戸脇踏切、嬉しいことに沿線の風景は11年前とほとんど変わっていませんでした。 当日は、曇りの予報でしたが快晴に恵まれ、約40名のファンが集まりました。
昭和60年代は客車列車のオンパレードで、EF58やDD51も牽引していました。 10年間で成田臨は電車に様変わりしました。 また、成田臨の本数も減少の一途をたどっており、寂しい限りでした。


9843M 勝田電車区E653系7連

9845M 田町電車区167系8連(アコモ車)

9847M 新前橋電車区165系9連

9849M 田町電車区167系8連



     【成田線総合インデックス】      【JR/国鉄線】トップへ戻る