成田臨(我孫子口)

年頭の風物詩 成田臨、昭和60年代から成線の我孫子口に通うようになりました。昭和60年代はEF58牽引の成田臨が入線していました。 平成10年代には客車列車の衰退と共に急行型165系が中心となりましたが、その165系も平成15年が見納めとなりました。 もっとも成田臨自体が減少の一途をたどっており寂しい限りです。

1 平成15年1月11日(土)

  1月11日(土) 成田線内での撮影をしました。木下−小林間の第一木戸脇踏切に行きました。ここは平成4年以来11年ぶりでした。
  まわりの風景は11年前とほとんど変わっていませんでした。
  曇りの予報でしたが、雲ひとつない快晴に恵まれ約40名が集まりました。


E653系勝田車7連 9843M

167系田町アコモ車8連 9845M

165系新前橋車9連 9847M

167系田町車8連 9849M


2 平成15年1月19日(日)

旧あずさ色の183系幕張車6連 9433M 柏−我孫子(北柏駅ホームより)



     【成田線総合インデックス】      【JR/国鉄線】トップへ戻る