成田線(我孫子口)の電車

成田線(我孫子口)は常磐快速が乗り入れるいわゆる通勤路線ですが、電化の歴史は 新しく昭和48年9月の完成です。かつてはかつぎやさんで賑わった客車列車が活躍しており ましたが、電化完成でいきなりロングシートの73系のデビューから始まりました。 この73系は短命で昭和52年9月には113系化されました。 しばらく常磐快速用の103系と113系の時代が続きましたが、平成10年3月のダイヤ改正 で113系の運用はなくなりました。そして、103系も平成18年3月のダイヤ改正で引退(予定)、 E231系の時代となりました。

   ◆113系

113系4連 小下−木林 平成4年1月12日

   ◆103系

103系10連 安食−下総松崎 平成元年1月30日

103系5M1T 5連 小下−木林 平成15年1月11日


   ◆E231系


E231系 10連 小下−木林 平成17年1月8日



     【JR/国鉄線】トップへ戻る