成田線 平成24年度に走った車両たち

平成24年度の成田線は、近年で一番華やかだった一年だったと思われます。平成24年6月30 日(土)、7月1日(日)、7日(土)、 8日(日)にJR四国が保有する「アンパンマントロッコ」号が運転されました。そして、平成25年2月9日(土)から11日(月)まで、 C6120が旧型客車を従えて、快速SLおいでよ銚子号が運転されました。
一方、従来から根強い人気の「鹿島貨物」は、EF65に代わって、EF64が先頭に立ちました。EF64も一年限りで、平成25年3月 16日のダイヤ改正から、EF210に変更となりました。普通列車も、長い間113系天国でしたが、平成18年10月21日から、 211系が導入され、113系6両編成の一部が置き換えられました。3年後の平成21年10月1日からは、京浜東北線で余剰となった 209系を、一部セミクロスシート化やトイレの設置等改造が施され、房総仕様としてデビューしました。209系の増備が続き、211系も 平成25年3月16日のダイヤ改正で引退し、今では209系天国となりました。

   ◆ 鹿島貨物

71レ 滑河−下総神崎 平成24年7月1日

71レ 滑河−下総神崎 平成25年2月9日

71レ 広島更新色 滑河−下総神崎 平成25年2月10日

71レ 下総神崎−大戸 平成25年2月11日

70レ 大戸−下総神崎 平成24年7月1日

70レ 大戸−下総神崎 平成25年2月11日


   ◆ 4年半の活躍だった211系

446M 下総橘−笹川 平成24年7月1日

左:440M 下総神崎−滑河(後追い) 右:2449M 下総神崎−大戸 平成24年7月1日


   ◆ 房総特急E257系

特急「あやめ4号 」1024M 下総神崎−滑河(後追い) 平成24年7月1日

臨時特急「佐原号」9032M 大戸−下総神崎 平成25年2月11日


次へ