日豊本線DF50牽引ブルートレイン

   ■ 特急彗星

関西と九州大分・宮崎地区を結ぶ寝台特急としてヨンサントウ(昭和43年10月1日)で 誕生、当時非電化区間が多かった日豊本線ではDF50が先頭に立ちました。昭和45年10月の 改正からは都城まで延伸され増発も行われました。最盛期には583系電車も運用に加わりました。 同時に体質改善として24系化も進められ、昭和49年宮崎電化で20系は引退しました。 DF50は昭和54年の日豊本線全線電化完成まで活躍しました。
特急彗星その後本数の減少はあったものの大きな変化はなく平成12年3月の改正で特急 「彗星・あかつき」となり運転区間も関西の玄関口が新大阪から京都へ、終着駅の南宮崎となりました。
このページでは日豊本線非電化時代でDF50が先頭にたっていた時代の記録を集めました。

     ◆ 20系時代
小丸川鉄橋 川南−高鍋 昭和48年8月5日

青井岳−田野 昭和48年8月6日

青井岳−田野 昭和48年12月27日

都城駅にてC57130との並び 昭和48年12月29日


     ◆ 24系時代
田野−青井岳 昭和53年8月25日

山之口−青井岳 昭和53年8月25日

日向沓掛−田野 昭和53年8月26日



   ■ 特急富士

昭和39年10月改正で「みずほ」の大分編成から誕生した寝台特急富士、翌年10月からは 東京−西鹿児島間の運転となり日本最長の列車となりました。大分−西鹿児島間はDF50の 牽引でした。昭和49年の日豊線宮崎電化でDF50の活躍区間は宮崎−西鹿児島間の短くなった ものの20系のまま残り翌年3月改正まで20系は残りました。DF50は昭和54年の 全線電化完成まで活躍しました。
昭和55年1月改正で宮崎−西鹿児島間の運転が廃止、平成9年10月の改正で 大分−宮崎間の運転が廃止となり、平成17年2月の改正からは「富士・はやぶさ」となっている。
このページでは日豊本線非電化時代でDF50が先頭にたっていた時代の記録を集めました。

     ◆20系時代
昭和48年12月27日 田野−青井岳

昭和48年12月28日 門石信号所付近 田野−青井岳



     ◆24系時代
青井岳−田野 昭和53年8月25日

田野−日向沓掛 昭和53年8月26日



     【JR/国鉄線】トップへ戻る