岡山駅スナップ(平成17年)

岡山駅は山陽本線東の中核地と位置づけられ、四国・山陰地方の連絡駅として栄えてきました。 「ひかりな西へ」のキャッチフレーズで山陽新幹線が建設された昭和40年代後半、岡山駅は 新幹線の終着ターミナルとなり、九州方面の特急列車の始発駅ともなりました。
昭和50年3月、山陽新幹線の博多開業で新幹線の終着ターミナルとしての使命は 終わりましたが、現在でも山陰特急・四国連絡列車、また岡山近郊の通勤・通学列車が ひっきりなしに発着しております。平成17年7月、夕刻時の記録です。


   ◆ 通勤・通学列車

岡山地区標準色の115系

岡山には湘南の色115系もいます また下関色の115系も乗り入れてきます

117系の車体に準じた115系3000番代車

京阪地区で新快速として活躍した117系、岡山地区に移り快速「サンライナー」 として活躍中

かつてのマリンライナー車 213系

   ◆ 岡山駅点描



次へ