大阪環状線 103系と201系

大阪環状線は、大阪市内の大阪駅から西九条駅、天王寺駅、京橋駅を経て大阪駅間を環状に結ぶ西日本旅客鉄道の鉄道路線です。環状線と 言うと東京の山手線が思い浮かびますが、大阪環状線の運転形態は山手線と大きく異なり、環状線内を各駅に停まる緩行列車の他、桜島線に 直通する緩行列車、関西本線や阪和線へ直通する快速列車(大和路快速・関空快速・紀州路快速)が運転されております。また、東海道本線や 紀勢本線方面から特急(はるか・くろしお)が福島駅と新今宮駅間を走行しております。特に、緩行列車は103系と201系が第一線として 活躍していることもあり、鉄道ファンには注目のバラエティーに飛んだ線区です。
ファンにとっては興味深い大阪環状線ではありますが、利用客から見ると103系や201系といった4ドア車と221系や223系、225系 といった3ドア車が混在しており、列車毎に乗車位置が異なるという不便さがあります。また、103系と201系の老朽化が進んでいるという 問題もあります。103系と201系も後継車として、平成28年12月24日からロングシート3ドア車の323系が運行開始となりました。 103系と201系は平成30年度までに全て置き換えられる予定となっております。

103系 野田駅 平成21年6月11日

桜島線直通の103系 野田駅 平成21年6月11日

201系 野田−西九条 平成21年6月11日

103系 関空特急「はるか」も見えます 野田−西九条(後追い) 平成21年6月11日

103系 西九条−野田(後追い) 平成21年5月14日

西九条駅 上2枚:桜島線の103系 下:103系 3枚共平成21年5月14日

103系 弁天町−大正 平成21年5月14日

103系 大正駅 平成21年5月14日

201系 新今宮駅 平成21年5月14日

関西本線からの201系 新今宮駅 左:平成21年6月11日  右:平成21年5月14日

103系 桜ノ宮駅 平成21年5月14日

201系 桜ノ宮駅 平成21年5月14日

天満−桜ノ宮 平成21年5月14日



     【JR/国鉄線】トップへ戻る