両毛線の旧型国電・電気機関車
(昭和52年)

両毛線、それぞれ思い浮かべる車両は異なると思いますが、私は鉄道雑誌で見た思川のC58が 印象に残っております。小学生時代であったためC58は撮影できないまま昭和43年の全線電化に 伴I引退し、変わって70系とEF12が入線しました。
時は過ぎ昭和50年代になると、関東地方から旧型国電が姿を消し始めました。 昭和52年5月3日、両毛腺で活躍する70系とEF12を岩舟−大平下間でカメラに収めました。 その時の記録です。なお、70系はこの翌年の3月(昭和53年3月)に引退しました。

   ◆ 70系

70系の基本編成は4両でした。一部新前橋区の20m級3ドア車も増結されました

写真左:両毛線名物クハ77 写真右:先頭に荷物車が連結されることもありました

   ◆ EF12

この時代、EF12は貴重になりつつありました

   ◆ 岩舟駅にて


   ◆ 廃車となった70系

しばらく京浜急行神武寺駅に留置されておりました

写真左:クハ77はサロ85からの改造車
写真右:全金属車のモハ70−300    当時、廃車にはもったいないと思いました。
     以上3点共昭和53年4月29日



     【JR/国鉄線】トップへ戻る