昭和51年 山陰本線鈍行列車の旅から

学生生活最初の夏休み、鉄研合宿が大阪と島根県日御碕で開催されました。大阪の最終見学地は 加悦鉄道でした。ここから島根県日御碕への移動は山陰線夜行鈍行列車を使い山陰線乗り鉄を計画 しました。ところが山陰地方はその夜集中豪雨に見舞われ、乗車した夜行鈍行列車は浜坂駅で 運転を見合わせ。計画は大きく狂い餘部での撮影に変更しました。 何時来るかわからない列車の撮影と睡魔との闘いの1日でした。

   ◆ 浜坂駅

DF50牽引客車列車 昭和51年8月28日

   ◆ 餘部にて

大幅に遅れ下ってきた寝台特急出雲 昭和51年8月28日

餘部駅で足止め、列車から降りて待機中の観光客
昭和51年8月28日

DD51も活躍してました 昭和51年8月28日

   ◆ 幻のDD54

日御碕への移動中の列車から DD54の写真はこれ一枚でした
昭和51年8月28日

   ◆ 米子駅にて

キハ82特急まつかぜとはまかぜの並び 昭和51年8月28日

駅からは10系寝台スハネ16が見えました  昭和51年8月28日

   ◆ 出雲市駅にて

DF50は貨物列車も牽引してました 昭和51年8月28日

急行だいせんの編成、10系寝台が懐かしい 昭和51年8月28日



     【JR/国鉄線】トップへ戻る