山陰本線 米子駅(平成21・23年)

米子駅は、山陰地方の中心都市米子市の中心駅です。岡山方面への特急やくも号が乗り入れており、また漫画家水木しげるの作品 「ゲゲゲの鬼太郎」で一躍有名になった境港へ向かう境線の起点でもあります。そのため、「ねずみ男駅」という愛称があります。
米子駅への訪問は、夕暮れ後ののため暗い画像ばかりですが、旅の想い出としてまとめました。

米子駅改札口から EF65も見えます 平成23年11月4日

山陰本線の優等列車キハ187系 スーパーまつかぜ9号 平成23年11月4日

キハ126系鳥取行きローカル列車 平成21年4月24日

キハ47系出雲市行き普通列車 平成23年11月4日

境線の発着ホーム0番線には、ゲゲゲの鬼太郎関連の彫刻があります 平成23年11月4日


駅ホームから後藤総合車両所米子車両基地を望む 除雪車がユニーク 平成21年4月24日

旧米子機関区の扇形庫も残っております 平成23年11月4日

平成23年10月31日に運転されたお召列車牽引のDD51が休んでおりました
平成23年11月4日

秋の日暮はあっという間に来てしまいます 平成23年11月4日



     【JR/国鉄線】トップへ戻る