EF59時代のセノハチ

山陽本線瀬野ー八本松間は、ファンから「セノハチ」と呼ばれ、古くから難所として知られ、補機が活躍する区間として知られていました。 電化前は、大型蒸気のメッカで、電化後はEF53とEF56から改造したEF59が活躍しておりました。 ポスト蒸気機関車で初めて訪問する機会ができたのは昭和52年でした。お目当てのEF59はもちろん、貨物列車がひっきりなしに上下し。 旅客列車には、80系や153系が活躍しておりました。

後補で活躍するEF59 昭和53年3月29日

EF59は重連が基本でしたが、荷の軽い荷物列車は単機でした 昭和53年3月29日

回送は4重連となることもありました 昭和53年3月29日

回送EF59とのすれ違い 昭和52年8月30日

瀬野側はトラ塗りでした 昭和52年8月30日

   ◆ 貨物列車

EF58牽引の荷物列車も健在でした 昭和52年8月30日

EF66の特急貨物列車 昭和52年8月30日

EF60の貨物列車 昭和52年8月30日


EF65の貨物列車 昭和53年3月29日

EF65 F型による特急貨物列車 昭和53年3月29日


   ◆ 旅客列車

普通列車の主役80系、堂々たる12連です 昭和52年8月30日

正面3枚窓の80系も健在でした 昭和52年8月30日

153系6連の快速電車、すでに冷房化されてました
左:昭和52年8月30日 右:昭和53年3月29日




     【JR/国鉄線】トップへ戻る