広島地区で活躍する115系・113系

広島地区の近郊型電車は、昭和49年から始まった大船電車区のから転属してきた111系に始まります。現在の主力となっっている 115系は、普通列車の顔として活躍してきた80系の置き換え用として、小山区と新前橋区の非冷房車と新造の2000番代を大量投入が 始まりです。昭和53年12月には新性能化が完了し、30年以上にわたって普通列車の顔となっております。111系は国鉄時代に廃車と なりましたが、車齢の新しい113系や115系の投入、体質改善改造車の投入等で活躍してきましたが、平成27年3月のダイヤ改正から、 新型の227系が投入され、大きな変化点を迎えました。
ここでは、駅で撮影したスナップ画像を紹介します。

体質改善広島色の115系2000番代 平成23年11月15日 広島駅

五日市駅 平成23年3月9日

瀬戸内色の115系 平成22年2月12日 西条駅

瀬戸内色の115系 平成22年2月12日 白市駅

中国地域色の115系 平成22年2月2日 白市駅

岩国駅 平成27年5月21日

湘南色の113系 平成23年11月15日 広島駅

広島駅 平成24年3月7日


広島駅 平成24年3月7日

岩国駅 平成25年11月21日



     【JR/国鉄線】トップへ戻る