高崎線 185系特急「草津」「あかぎ」号

「草津」「あかぎ」号は、185系による特急列車です。愛称名は、それぞれ快速列車や急行列車として伝統あるもので、昭和57年からは、 上越新幹線開業に併せて投入された185系(200番代)が使用されております。昭和60年3月14日のダイヤ改正で、新特急の名称と なりましたが、現在は特急に戻っております。
185系も登場から30年以上たち、特急としての設備面で大きく見劣りしていることから、平成25年3月のダイヤ改正で余剰となった、 常磐線で活躍した651系への置き換えが計画され、平成26年3月15日のダイヤ改正から、上野発着の列車はおきかえされることに なりました。

あかぎ4号 浦和−赤羽(川口駅から撮影) 平成22年3月6日

草津31号 左は上野への回送列車 浦和−赤羽(西川口駅から撮影) 平成25年12月8日

あかぎ4号 浦和−赤羽(西川口駅から撮影) 平成25年12月8日

草津2号 上野−尾久(鶯谷駅から撮影) 平成9年9月21日

草津2号 晩年は湘南色の185系も見れました
尾久−上野(上野駅構内) 平成26年3月9日



     【JR/国鉄線】トップへ戻る