東北・上越新幹線の200系

200系は、昭和57年の東北・上越新幹線の開業時に登場しました。東海道新幹線の0系に似た「丸目丸鼻」でしたが、JR東日本に なってからは、東海道新幹線の100系に似たシャークノーズタイプとなりました。山形新幹線、秋田新幹線の開業等により、200系は、 改良が重ねられ、また延命工事(リニューアル工事)も行われ、平成20年代になっても現役で活躍しておりますが、寄る年波には勝てず、 平成25年3月16日のダイヤ改正で引退することになりました。
200系の写真は、駅撮りでわずかにありませんでした。

リニューアルされた200系は塗色も一新されました 東京駅 平成23年1月18日

東京駅に停車中の200系オリジナル塗装車 平成24年3月12日


   ◆ 200系定期運用最終日 東京駅にて 平成25年3月15日

200系の定期運用は、平成25年3月15日の東京20時12分発、とき347号となりました。東京駅は22番線からの発車で、 駅コンコースまで大勢の人たちが最後の別れに訪れ、大混雑・興奮の時でした。

とき347号の案内表示板

発車20分前からホームは大混雑でした

とき347号はオリジナル色車で運用されました

とき347号の先頭車付近は最後の雄姿をカメラに収めようと大勢のファンで大混雑

最後部付近も大混雑でした

とき347号の行き先表示幕

20時12分、とき347号は東京駅を後に旅立ちました



     【JR/国鉄線】トップへ戻る