東海道本線 特急踊り子号の前身

伊豆半島へのリゾート特急としておなじみの特急「踊り子」号、誕生は昭和56年10月1日の ダイヤ改正でした。それ以前は183系による特急「あまぎ」と153系による急行「伊豆」が 東京方面との連絡列車となっていました。
特急「あまぎ」は157系で登場、昭和51年1月に183系に置き換えられました。
一方、急行「伊豆」も当初は157系で登場しましたが、その後153系に変更し長い間 田町電車区の153系が君臨していました。昭和56年4月、153系の老朽化及び特急格上げ 対応として185系が登場。特急「踊り子」に格上げされるまでの約半年間は185系による 急行「伊豆」を見ることができました。

   ◆ 特急「あまぎ」

157系時代の「あまぎ」です
左:昭和48年5月 横浜駅  右:昭和50年7月 東京駅


183系時代の「あまぎ」です
昭和56年9月27日 横浜−戸塚


   ◆ 急行「伊豆」

昭和51年10月川崎−横浜 (東神奈川ホームより)

左:昭和51年9月 横浜−川崎(東神奈川付近)  中:昭和51年12月川崎−横浜 (新子安駅ホームより) 右:昭和51年12月1日 戸塚−横浜

昭和56年7月25日 戸塚−横浜


185系への置き換え時は混結編成も見れました       昭和56年7月25日 戸塚−横浜


急行「伊豆」は185系が有終の美を勤めました
  昭和56年9月27日 横浜−戸塚



     【JR/国鉄線】トップへ戻る