よこすかYYのりものフェスタ旧型客車の旅(平成26年 )

JR東日本は、「よこすかYYのりものフェスタ2014」開催と成田エクスプレスの横須賀延伸を記念して、平成26年6月15日(日) に「旧形客車の旅」(ツアー)を開催しました。
ツアーの乗車区間は、東京駅から横須賀線の横須賀駅までで、片道は成田エクスプレスの乗車となりました。また、よこすかYYのりもの フェスタ2014の催しで、大船から横須賀まで、旧型客車体験乗車も開催されました。
注目の編成は、「横須賀 ← EF641001+旧型客車5両+EF65501 → 東京」 という豪華なものとなりました。
東海道線・横須賀線に旧型客車が運転されるのは5年ぶりとなり、また、好天に恵まれたこともあり、沿線は、紫陽花散策客とファンで 大変な賑わいでした。

「旧形客車の旅」下り列車 品川−川崎(多摩川橋梁)

「旧型客車体験乗車」 大船−北鎌倉

「旧形客車の旅」上り列車 品川−新橋(浜松町、世界貿易センタービルディング40F展望台から)

高崎への回送列車 品川−新橋(浜松町、世界貿易センタービルディング40F展望台から)


   ◆ 横須賀線で撮影した車両たち

この日の横須賀線には、青梅−鎌倉間に、多客臨「鎌倉あじさい号」が運転されました。注目の使用車両は、長野車両センターの 旧あさま色183系でした。こちらにも、多くのファンがカメラを向けておりました。

9771M 鎌倉あじさい号 行楽客で混雑する北鎌倉駅に到着

横須賀まで延伸された成田エクスプレスE259系 逗子駅にて

横須賀線の顔、E217系 北鎌倉駅



     【JR/国鉄線】トップへ戻る