東海道本線 銀河号

急行「銀河」は東海道線、東京−大阪間を結ぶ最後まで残った夜行列車です。その誕生は古く 昭和24年9月のダイヤ改正で「銀河」号が誕生しました。寝台車が連結されたのは昭和42年10月 の改正からでした。昭和51年2月の改正で20系化され、14系化、現在の24系化となりました。 昭和40年代は、ビジネスに観光にもてはやされた花形列車でしたが、新幹線の高速化・夜行バスの 発達に伴い衰退の一途をたどり乗車率も極端に低く平成20年3月ダイヤ改正で廃止、伝統の「銀河」号の 愛称名は消滅しました。

10系寝台車とスハ44系時代の銀河号、客車がはっきり見えなく残念!
横浜駅 昭和44年2月11日

20系化された銀河号、初期の20系にはヘッドマークありませんでした
品川−東京(田町駅) 昭和51年4月

東京駅から回送の銀河号、懐かしい新幹線0系と並走!
品川−東京(田町駅)  昭和51年4月

銀河号は長い間、EF58が牽引しておりました。また、東京到着も9時代でしたので、 この季節でも充分撮影ができました。
            戸塚−横浜 昭和51年12月1日

こちらは臨時急行銀河51号、14系座席車での運転でした
戸塚−横浜 昭和51年12月1日


次へ