東海道本線 東京口ブルートレイン

昭和40年代、寝台特急「あさかぜ」「さくら」指定券売り出し開始と同時に売れきれとなる 超人気列車でした。夕方乗車し翌朝には九州。「走るホテル」と呼ばれ利便性も抜群の列車でした。 昭和40年代も後半に入り、「ひかりは西へ」のキャッチフレーズで山陽新幹線が開業すると 東京口ブルートレインを取り巻く環境は変化し始めました。九州へは山陽新幹線から乗り継ぎルート が確立され、「あさかぜ」「さくら」の指定券は取りやすくなり始めました。列車設備も時代の変化に 対応し、20系から寝台幅を大きく取った14系・24系に交代しました。
しかし、ポストブルートレインは新幹線ではなく航空機でした。昭和50年代に入ると飛行機の利用が 手頃になり、時間的に有利な飛行機による移動に大きく変わっていきました。 平成に入ると、東京口ブルートレインはがらがらの状態が続き、編成短縮・食堂車の廃止、運転区間の 短縮と寂しい話題が目立つようになりました。「みずほ」が廃止となり、そして平成17年3月ダイヤ 改正で「あさかぜ」「さくら」がその歴史に終止符を打つことになりました。
今振り返るとブルートレインは山口線の撮影時に多いに活用させていただきましたが、カメラは あまり向けなかった被写体でした。数少ない記録をまとめてみました。

   ◆ EF65−500番台の時代

昭和40年10月のダイヤ改正で登場

24系による「富士」です
品川−新橋(田町駅ホームより) 昭和51年4月


左:「みずほ」、右:「さくら」ともに14系です
品川−新橋(田町駅ホームより) 昭和51年4月


比較的遅くまで20系で運転されていた「あさかぜ」です
品川−新橋(田町駅ホームより) 昭和51年4月


東京を目指して快走する「富士」
西小坂井−豊橋(船町駅ホームより) 昭和51年5月29日


一足先に消えた「みずほ」
横浜−川崎(東神奈川駅付近にて) 昭和51年10月


戸塚−横浜 昭和51年12月1日

次へ