浜松機関区のEF18

総数3両、しかもトップナンバーが「1」ではなく「32」から始まる不思議な機関車EF18。 EF18は量産計画のもとに製造された機関車ではなく、もともとはEF58として デビューする予定でした。しかし当時EF58は新型の車体(現在の流線型の車体)に載せかえる 計画があったこと、また貨物用機関車が不足していたこともあり急遽、歯車比などを変更して 生まれた機関車、それがEF18です。それ故、将来のEF58との共通性を持たせることから、 形式名の末尾は「8」とし、ナンバーもEF58時代のものをそのままとされました。
晩年は浜松地区のローカル貨物輸送に活躍しておりました。昭和52年5月29日の記録です。

   ◆ 金谷付近を行くEF18

島田−金谷 編成両数も短いローカル貨物列車の先頭に立つEF18

   ◆ 磐田駅にて

旧EF58の車体、性能的にはEF18と同等ですが、デッキ等風格があります。


懐かしいEF65−500番台牽引のブルトレが通過します



     【JR/国鉄線】トップへ戻る