寝台特急金星号

寝台特急金星号は、昭和43年10月1日のダイヤ改正で名古屋〜博多間に設定された寝台電車特急で、熊本−名古屋間の特急つばめとペアで運用を組んで いました。昭和47年3月15日の山陽新幹線岡山開業に伴い、つばめは岡山発着のエル特急とされたため、金星は、新たに名古屋〜富山間のしらさぎ号を ペアとしました。しかし、昭和50年3月10日の山陽新幹線博多開業以後は利用者が減少し、デビューから14年後の昭和57年11月15日のダイヤ改正で 廃止となりました。
金星号は。新幹線利用の場合特急料金割引の対象となるため、コストパフォーマンスにも優れておりました。金星号の晩年は、東日本在住のサラリーマンが、 SLやまぐち号撮影の際、時間帯がよく重宝された列車でした。金曜日、仕事を終えたのち、東海道新幹線ひかり号で名古屋まで行き、金星号の寝台でスーツ から鉄っちゃんスタイルに変身し、土曜。日曜を山口線で堪能した良い思い出があります。また、金曜日は夕方以降のひかり号がすし詰めで、ドア付近で 名古屋まで立ちっぱなしだったのが辛かったです。廃止間際の昭和57年10月8日に名古屋駅で撮影しました。






     【JR/国鉄線】トップへ戻る