東海道本線で撮影した特急「北近畿号」とその仲間たち

東海道本線新大阪駅と福知山線福知山駅や山陰本線豊岡駅、城崎温泉駅を結ぶ特急「北近畿号」は、昭和63年11月のダイヤ改正で誕生し ました。当初は485系で運行されておりましたが、平成3年7月の改正で183系化されました。「北近畿号」は、平成23年3月の改正で、 愛称名が「こうのとり」に変更され、183系と新規に投入された287系による運行が始まりました。
183系は誕生してから4半世紀過ぎ、寄る年波には勝てず、平成25年3月16日のダイヤ改正で381系にバトンタッチしました。 その381系も、まもなく289系に代わる運命となっております。
なお、北近畿号の記録は弊サイトの「東海道線 塚本駅(平成21年)」 でも展示されておりますので、 ご覧ください。

特急北近畿号 183系 塚本−尼崎 平成22年4月21日

こうのとり19号 381系 大阪駅 平成23年5月10日

新大阪駅で発車を待つこうのとり17号 183系 平成25年2月12日

こうのとり17号の隣は終着大阪に向かうサンダーバード28号
平成25年2月12日

こうのとり3号 381系 大阪−塚本(塚本駅で撮影) 平成27年8月9日

こうのとり6号 381系 尼崎−塚本(塚本駅で撮影) 平成27年8月9日


   ◆ 特急「タンゴエクスプローラー」

特急「タンゴエクスプローラー」は、東海道線新大阪駅と福知山線福知山駅や山陰本線豊岡駅、宮津駅、福知山駅間を東海道本線、 福知山線、北近畿タンゴ鉄道宮福線、北近畿タンゴ鉄道宮津線経由で運行していた特急列車で、北近畿タンゴ鉄道のリゾート特急気動車である KTR0001形で運行されておりました。平成23年3月の改正で、福知山線経由の特急愛称名が「こうのとり」への統一と共に、 「タンゴエクスプローラー」は消滅しました。

特急タンゴエクスプローラー 尼崎尼崎−尼崎 平成22年4月21日

新大阪駅に到着したタンゴエクスプローラー 平成21年11月13日



     【JR/国鉄線】トップへ戻る