キハ181系特急「はまかぜ」号

大阪と兵庫県北部から鳥取を結ぶ特急「はまかぜ」号、昭和47年3月の登場時はキハ82系で運転しておりましたが、昭和57年7月から キハ181系化されております。短編成化とJR西日本色化により、往年の面影は薄れておりますが、最後のキハ181系特急ということで、 人気を呼んでおります。
しかし車両の老朽化が酷く、平成22年11月6日を最後に新型車両キハ1189系にバトンを渡し引退しました。

尼崎−大阪(東西線加島付近) 平成22年4月21日

大阪の都心をバックに走る 新大阪−尼崎(東西線加島付近) 平成22年4月21日

西宮−芦屋(さくら夙川付近) 上2枚:平成21年7月9日 下:平成21年9月10日

神戸−三宮(元町付近) 平成21年11月13日


485系雷鳥回送との出会い 尼崎−大阪(塚本付近) 平成22年5月13日

新大阪駅で発車を待つ「はまかぜ1号」 平成21年11月6日

京都への回送 新大阪−茨木(吹田付近) 平成22年5月19日


キハ181系特急「はまかぜ」号は、こちらでも展示しております。


     【JR/国鉄線】トップへ戻る